7月の星の動きと運勢

台風シーズンになりました。

気象占星術でみると、
天気を読むのに重要な天体である、

「水星」の逆行があること、
凶星と呼ばれる他の星たちとの関係が好ましくない、
皆既日食があること、、
などから、
7月の空は荒れ模様となりそうです。

「注意日」も通常より多くなる今月は、
備える気持ちが大切です。

自分の身は自分で守ること、そして小さな亀裂があれば土台を固めておくことを心がけましょう。

7月の星読み

 

皆既日食、そして部分月食が、土星・冥王星、そして逆行の水星や金星と関わってきます。

国と国民、それぞれの役割を正しく認識して動くことで、より良い改革に動いていくでしょう。

ただし法改正については、まだまだよくわからない手探りの状態です。でも何かしら始めることが大切。
来年のしっかりとした土台づくりにつながっていくものです。

一人ひとりが、国を作っていくという意識がポイントであり、

自分の家の土台を固め、有事の際の災害袋を用意して災害に備えると同じように、

日本という国を支える重要な1人だという意識が少し高まりそうです。

 

交通機関や言葉の使い方、特に文書関係は丁寧さが求められます。

 

魔の時間 –  注意日

7/3日、4日、6日、8日、10日、12日、14日、17日、19日、25日、29日、31日

星の動き

 

7/2 火星がしし座入り
7/3 かに座で皆既日食(4:24)
7/4 金星がかに座入り
7/8 水星が逆行になる(8/1まで)
7/19 水星がかに座に戻る
7/23 太陽がしし座入り
7/28 金星がしし座入り

熊野古道のパワースポット巡り

 

 

6月、念願だった熊野古道を歩きました。
写真の木の場所は、この記事の最後に。

___

今月のワンポイント星占い 7月

 

■おひつじ座

公私ともにバタバタしそうな時期です。特に2週目からは思いやりを忘れず、自分にも厳しくなりすぎないよう注意を。

■おうし座

いろんな情報が入ってきやすい時期です。その都度書き留めるなどして頭の中が混乱しないように。丁寧な言葉に吉あり。

■ふたご座

支出がかさみやすい時期。将来的な展望が見える物事には使って吉。ただしローンなどは後悔につながるので余裕を持って。

■かに座

新しく取り組むものごとに幸運が宿る時期です。ただし周囲との関係が緊張しないよう、バランスを取ることも心がけて。

■しし座

ゆっくり上昇していく運気。気持ちだけが先走らないよう、一呼吸置いてからの言動がおすすめ。疲労回復はその日のうちに。

■ おとめ座

先のことを考えすぎる傾向がある時期。目の前の小さな仕事をひとつづつ片付ける意識に吉あり。友人との時間にヒントが。

■てんびん

軸がぶれやすい時期です。当初決めた目標に自信を持ち、速やかに完了させる心がけを。仕事面は、来るもの拒まずが吉。

■ さそり座

やる気が上昇中です。細部を気にしすぎると停滞しやすいので、情熱がある間に一気に進めるのがポイント。遠出も吉。

■ いて座

上質な睡眠にヒントがある時期です。胃腸に優しい食事や寝室の照明を工夫してみては?短時間の昼寝もおすすめ。

■ やぎ座

出会いがありそうですが、誰と過ごすかによって吉凶あり。他人に影響されすぎないよう、感情の動きを客観的に見て◎。

■ みずがめ座

健康第一をモットーにしたい時期。体質改善や環境の見直しに吉あり。日常のストレスが大きいものは、抜本的な見直しを。

■ うお座

楽しめるイベントが出やすい時期です。以前から興味があるものごとやお出かけで楽しめそう。ただし秘密や争いごとはNG。

皇太子殿下も歩かれた

「継桜王子社」(つぎざくらおうじ)

樹齢1000年の杉の気
これまでいろんな時代、
様々な人たちと会話してきたことが伝わりました。

 

 

 

関連記事

  1. 11月の運勢と星の動き

  2. 10月の運勢と星の動き

  3. 4月の星の動きと運勢

  4. 7月の運勢と星の動き 皆既月食と水星の逆行

  5. 12月の運勢と星の動き

  6. 2月の星の動きと運勢

  7. 9月の運勢と星の動き と 月面X

  8. 8月の運勢と星の動き 部分日食と水星の逆行 ペルセウス座流星群