6月の星の動きと運勢と大阪・和歌山での対面鑑定予約受付け

大阪と和歌山での対面鑑定イベント予約受付中です。

大阪ー 6月8日&15日  
和歌山ー6月11日&13日 
料金:15,000円(60分)

予約ご希望日時をこちらから送ってください。

 

6月の星読み

6月はオフィシャルとプライベートとの板挟みになりやすい星の配置です。

火星と水星が自分のルーツやくつろぎスペースでトピックを生むのに対し、土星と冥王星が真反対の位置から抑えてきます。
家族との時間を楽しみたい、ソファでリラックスしていたいという願望は、公の目や義務で削がれやすいでしょう。

ただしその緊張した星の角度を、海王星のエネルギーを使うことによって調和させることが可能です。

奉仕精神を持った行動、見えない力を信じることによってハードな緊張はなくなるでしょう。

また、太陽が入るふたご座のエネルギーを無視はできません。
現実の動きがどうなっているのか、客観的な視点でキャッチすること。そして、どのようなアプローチ法で問題を減らせるのかをシミュレートしてみる。

また、専門家や周囲の言葉、または会話の組み立て方を工夫すると案が浮かぶはずです。

 

政府も難しい局面が浮かびそうですが、その緊張を逃がす方向がある時期です。
抜本的な改革が完了するまでには、まだいろんな意見が必要なようです。

 

魔の時間 –  注意日

6/2日、13日、15日、17日、22日、27日

 

Bacolod。山の温泉に向かう早朝の車窓から。

 

今月のワンポイント星占い 6月

 

■おひつじ座

徐々に活気が戻るものの、大きな決断や動きは月末からがおすすめ。情報は多く入るので、精査しながら勝機に備えて吉。

■おうし座

行動範囲が広がりそうな時期です。知りたいこと、欲しいもののために精力的に動いて吉。充実感を得られるはず。

■ふたご座

2週目から嬉しいことが起こりやすくなる運気です。小さくても、自分のために投資して吉。外見にも気を使うと開運へ。

■かに座

やる気はあるものの、元気が空回りしやすい時期です。無理をしたりストレスをためないように気をつけて。読書に吉あり。

■しし座

社交性がアップ。趣味の合う人とは楽しい時間を共有できそう。ただし食べ過ぎ飲み過ぎや、体調を崩しやすいので注意を。

■ おとめ座

友人や子どもなど、自分以外の用事にも気を使いやすい時期です。先手必勝パターンで、リーダーシップを発揮すると吉。

■てんびん

義務的な仕事が増えそうな時期です。でも肩ひじ張らずに、ユーモアと笑顔を忘れないで。自分らしさをアピールして吉。

■ さそり座

対人面は不安定ながら、ひとりの時間を作りやすい時期。自分自身に戻り、気持ちをフラットにすると今後の方針が出るはず。

■ いて座

横の関係が拡大する時期です。将来的に関係が深まる出会いもある兆し。いろんな会合には、積極的に参加して開運へ。

■ やぎ座

仕事や用事が増えて忙しくなりそうです。神経痛が出やすいので、時間を見つけて運動し、心と身体をほぐす工夫を。

■ みずがめ座

好きな人たちと楽しい時間を持てそうな時期です。今後のヒントになる話題や情報も出るでしょう。温度差には注意を。

■ うお座

自宅のブラッシュアップにエネルギーを使うと良い時期です。心地良さと利便性を高めることが、社会運のアップにも。

 

 

 

関連記事

  1. 7月の運勢と星の動き 皆既月食と水星の逆行

  2. 10月の運勢と星の動き

  3. 8月の運勢と星の動き 部分日食と水星の逆行 ペルセウス座流星群

  4. 11月の運勢と星の動き

  5. 3月の星の動きと運勢

  6. 12月の運勢と星の動き

  7. 2月の星の動きと運勢

  8. 4月の星の動きと運勢