12月の星の動きと運勢

<< 12月1−6日、ベトナム・ハノイにて対面鑑定(またはお茶)予約を受付中です>>

12月の星読み

12月は、1年「いて」に滞在しエネルギー満タンとなった木星が、とうとう「やぎ」に歩みを進めます。

冬至のサインである「やぎ」には現在、土星と冥王星が滞在中で、国や世界を変える風を吹かせていて、ここに12年ぶりに木星が加わることになります。

すでに古くなった体制は、1年かけてガラガラと音を立て加速して刷新されていくでしょう。

この影響は個人にも及びます。

それぞれのホロスコープのどこにこれらの星が集まっているかで変わりますが、価値観やゴールを変える必要が出るかもしれません。

特にビジネスにおいては、影響が出やすいものと思われます。

12月は天王星や火星からのエネルギーも上記の星たちに加わり、

「次のための終わり、そこから新しく始まる」

タロットカードなら、死神が象徴するような「終わりから始まる刈り取り」とも言えます。

 

また、26日に日食が起こります。

画像:つるちゃんのプラネタリウムより

 

日本では一部分(特に東のほうは見にくい)しか見れないようですが、肉眼で見えようが見えまいが、日食の影響は地球各人すべて受けるでしょう。

国立天文台のページ

つるちゃんのプラネタリウムでは、インドネシアで見れる金環食に伴うという詳細解説あり

魔の時間 –  注意日

12月3日、8日、10日、12日、15日、17日、19日、23日、26日、28日

 

星の動き

12/3 木星がやぎに入る
12/9 水星がいてに入る
12/12 ふたごで満月
12/16 木星と天王星が120度
12/20 金星がみずがめに入る
12/22 太陽がやぎに入る
12/26 やぎで部分日食(14時半頃~
12/29 水星がやぎに入る

タイのホテル:DusitThaniの象のクリスマスツリー

 

今月のワンポイント星占い 12月

■おひつじ座

年末からは自由に動きにくくなる気配があるため、やりたい事柄は優先して早めに確定し動くことがポイント。旅は楽しめそう。

■おうし座

社会運がアップし、人間関係の彩りが楽しめる時期です。また印象的な夢を見たりなど、見えない世界や縁への気付きが深まりそう。

■ふたご座

予定はいっぱいでも、持ちつ持たれつから派生する幸運が舞い込む時期です。体調に気をつけながら、笑顔のお付き合いで開運へ。

■かに座

日々の仕事は、いつもよりも進みやすい時期です。心身にちょうど良い働き方を確立しておくと、来年に向かって助けになるはず。

■しし座

前半はちょっと嬉しい計画が入りそうな時期です。ただし期待度が高すぎたりすべき物事をスルーしていると後悔につながるかも。

■ おとめ座

家のことや子どもに焦点が当たる時期です。刺激的なコミュニケーションを楽しめるかも。軽い運動で、肩こり神経痛の予防を。

■てんびん座

支出は拡大傾向なものの、好ましい情報が入りやすい時期です。思考に偏りすぎず、直感を信じて行動範囲を広げると発見あり。

■ さそり座

行動力がある時期。頭の回転もスピーディになりますが、一つ一つの動きに注力することで、豊かな時間を楽しめそう。音楽も◎。

■ いて座

多幸感に浸れる幸運期。物事の原理が理解でき、不安が解消されていきそうです。ただし慢心によるミス、嫉妬による妨害には注意を。

■ やぎ座

大掃除よりも、徹底した断捨離で今後の運を大きく上げることができる時期。物だけではなく、心や環境を含めた整理を心がけて◎。

■ みずがめ座

友だちから勇気をもらえる時期です。肩の荷が重い事柄や不安も、前向きな気持で乗り越えられそう。下旬からは体調管理が必要。

■ うお座

高めの好調運です。やる気があるうちに、グイグイと前進して吉。やり始めると、サポート運も入ってきて成功の波に乗れるはず。

 

 

 

 

関連記事

  1. 11月の運勢と星の動き

  2. 2月の星の動きと運勢

  3. 10月の運勢と星の動き

  4. 8月の運勢と星の動き 部分日食と水星の逆行 ペルセウス座流星群

  5. 10月の星の動きと運勢

  6. 4月の星の動きと運勢

  7. 7月の運勢と星の動き 皆既月食と水星の逆行

  8. 3月の星の動きと運勢