6月の星の動き

6月は半年ぶりに日食が起こります。

昨年12月、やぎ座での日食時、
古い体制はガラガラと音を立てて崩れ刷新へ向かうと書きましたが、

6月21日は前回のやぎ座での日食から180度の地点、
かに座で日食が起こります。

オフィシャルであるやぎ座の反対かに座はプライベート、国民。

今度は各個人が変わっていきます。

コロナの影響で家にいる時間が多くなり、
様々なことを考えたり気づきがあった期間。

社会の一員としての自分ではあっても、
その前に、家で自分らしく過ごすことや家族とのこと。

日本人でいうと、
仕事と私生活のバランス

Quality Of Life(人生の質

生活の質の向上、
豊かさを考えてみる時期となります。

 

・本当に自分に合うパートナーとは?

・こんな自宅や職場なら自分にピッタリ

・自分らしい毎日の生活

などなど、すぐにはできなくても

その形を知っておくことは人生で最も大切ですし、
知らなければ現実に手に入れるのは難しいです。

最近描いたアクリル画

今月の注意点としては、

水星や海王星の逆行、
金星が巡行に戻ること、
そして木星と冥王星の合などあります。

身近な人とは、時間をかけ
冷静な話し合いを経て理解を深めましょう。
言わなくてもわかって欲しいという一方通行や、
誰かと比べたりするのはNG。
伝えようとする心がけがなければ伝わりません。

母・女性性へのリスペクトも大切な時期です。

また重要な書類、契約ごとは確認作業を怠らないように。
言葉の使い方ミス、誤解にも注意です。

マラッカ海峡HattenHotelのロビーで出会ったターラー女神

今月のワンポイント星占い

■おひつじ座

興味深い情報が入ってきやすい時期です。でも即断即決で動くと後悔につながることも。ソースを吟味し、基本を忘れないように。

■おうし座

資産の運用法を多岐的に考えると良い時期です。長期的な視点と複数の選択肢を持つのがポイント。慌てず、でも夢を持って吉。

■ふたご座

誕生月で人気運が高まる時期です。コツコツと忍耐強く続けてきた物事には福運も集まりそう。でも現実性や社会性は忘れずに。

■かに座

下旬から徐々に復活する運気に合わせ、序盤はゆっくり確実に。無理をすると体調に出やすいので、心身のケアを忘れないで。

■しし座

望んでいるものを客観視する心がけが大切な時期です。心の奥で見ないようにしているものに気づけば、近道や助け舟が出る兆し。

■ おとめ座

最後まで自分の力でやり遂げる計画を持っていることがポイントです。人をアテにすると、がっかりしたり違う結果になる暗示も。

■てんびん座

チャレンジ精神や集中力が高い時期です。仕事や勉強に力を傾けてみては。過去に諦めた物事やリベンジにも吉運が宿る兆しあり。

■ さそり座

気の迷いに気をつけたい時期。ブレーキとアクセルのコントロールは、自分がその物事を好きかどうかで決めておくのがポイント。

■ いて座

尊敬できる人を見つけることでバージョンアップが可能な時期です。相手の世界を理解する努力で、自分の世界も広がるはず。

■ やぎ座

毎日のルーティンや仕事に工夫が欲しい時期。アイデアは浮かびやすいので改善策の発見を。シンプルでスピーディを意識して◎。

■ みずがめ座

楽しむことをフォーカスしたい時期です。ペットや子どもとの時間から学ぶこともありそう。ただしお金の使い方には気をつけて。

■ うお座

家や家族について考えたい時期です。守る気持ちは、自分自身にも向ける必要あり。義務的な事柄よりも、心の通じあいがポイント。

魔の時間 –  注意日

6/6,11,16,21,23,24,25

星の動き

6/6 いてで月食(半影食
6/18 水星が逆行開始(7/13まで
6/21 太陽がかにに入る(夏至&部分日食
6/23 海王星が逆行開始(2021年1月まで
6/25 金星がふたご内で巡行に戻る
6/28 火星がおひつじに入る
6/30 木星が冥王星と合

 

関連記事

  1. 5月の星の動きと運勢

  2. 11月の星の動きと運勢

  3. 9月の運勢と星の動き と 月面X

  4. 6月の星の動きと運勢と大阪・和歌山での対面鑑定予約受付け

  5. 7月の星の動き

  6. 8月の星の動き~太陽のちから

  7. 4月の星の動きと運勢

  8. 7月の運勢と星の動き 皆既月食と水星の逆行