2月の星の動きと運勢

新型コロナウィルスが世界中で猛威を震っている。
2月は感染には気をつけたいところです。

水星の逆行が2月17日から始まります。うお座内に滞在する海王星に近づきかけて、みずがめ座内に戻ります。
また火星もやぎ座の木星・冥王星・土星を追います。
水星が3月10日に巡行に転じるまでは、
デマや陰謀に振り回されないようにしたいです。

3月になると、海王星の良好なアスペクトから医療にエネルギーが回り、
ワクチンなどの開発があるのか少し展望が見えてくるかもしれません。
それでも、12月に始まった日食の様々な影響は、
次の6月の日食までは続きそうです。

2020年の運勢で書いた通り、
今年の星たちが語りかけているのは、国や経営者と個人の価値観のあり方です。

 古い体質は崩れていく。その始まり。

コンドミニアム入り口で体温チェックするドアマン

コンドミニアム入り口で体温チェックするドアマン

今回のウイルス問題、
地球上の多くの人がその同じニュースに注意を払い、
自分はどう動くべきか、などいろんなことを同時に考えていると思う。

同じ問題・恐怖について、国や人種や経済の関係なく協力し合い、安心して生きられる地球に早くなって欲しいと思う。
その時、医薬業界などが欲をかかずに無償で助ける側に回ってくれたら尚いい。

日本で言えば、政府は国民の安全や命よりも、
経済を優先したい言動が顕著であり、改めて資本主義国家という真の形を見せられた。
いち国民としては残念で不安な気持ちが高まり、政府を信頼できない、という潜在的にあった感情が大きくなったと感じる。
 逆に、対策が遅くて緩い日本政府だが、国民が海外移住したり資金移動するのは他の国に比べて簡単で、どこでどう生きるかは、まだまだ個人の自由選択範疇。

ひとつ違和感があったのは、例えば東京ディズニー。
当初、「スタッフにはマスクをさせない」、
次の日に「希望者には許可する」と上からな発言に見える発表をした。
多くの来場者に接するスタッフこそ、潜在的に感染し広げるリスクを踏まえ、
お客様にそれが感染しないように会社が配布しマスクを義務付け、
社員も来場者も守ることをしなくてはならないのでは?と感じた。

 早い段階で在宅勤務を決めたGMOなど、接客業とIT会社では違いがあるものの、雇い主側の新旧の考え方も浮かび上がっている。

他国のディズニーランドが閉園を決める中、オープンを継続させるのは資本主義国家なので仕方ないとしても、
「マスクをするのはお客様に失礼」とオモテナシ風なのは、
「自分は感染者ではない」という根拠のない自信だろうか。

国やテレビの言うことは信用できない、という多くの声が福島原発の時以上に見られるが、自分の命が脅かされるかもしれないことについては、当然深く心を傷つける。人々に与える心理的な影響は、非常に大きくなってしまったかも。
心理的不安から免疫を下げさせないためにも、リーダーは安心できる言動を取って欲しいと思い、長文になってしまいました。。

今、日本は中国に次いで感染者が多い(公式発表)ようで、
日本から来た私自身がマスクをしていないと、距離を置かれる事実がある。

「感染していないように見えても、2週間はわからないからね」と笑いながら普通に。
当然であるし、お互いに大切なことだと再確認。

画像:ジョンズ・ホプキンス大学が作成した新型コロナウイルスのリアルタイム拡散状況

大きな流れでいうと、
どこの国の人だから入国を許可しないという流れは今しばらくが過渡期で、
人種や国家間の問題は顕著になっていくものの、
問題が大きく表面化することで次の開くべき突破口が見える。
そこからより進化を求める声が高まっていくのではないだろうか。

うお座の時代からみずがめ座の2000年周期の時代へ、
大きな移行期の中に私たちは生きていて、

 情報も、海も空気も、ウイルスも国境線は無関係。

分裂した地球がひとつにまとまるのか否か、
いろんな試行錯誤に当面するが、
人間として生まれ、

「まず守るべきは命であって、お金ではない」

2019年12月から始まった国と国民の解離&向かい合いがフォーカスされる今年の運命。
それぞれが、真実の心の声を出すチャンスだと思う。

 

2週目 スリランカ
3〜4週目 マレーシアジャカルタに移動予定です。
現地での対面鑑定、お茶!詳細など、こちらから

 

魔の時間 –  注意日

2/16, 18, 22, 23, 28日

星の動き

2/3 水星がうお座に入る
2/8 金星がおひつじ座に入る
2/9 しし座の満月
2/16 火星がやぎ座に入る
2/17 水星がうお座内で逆行、3/10まで
2/19 太陽がうお座に入る
2/24 うお座の新月

今月のワンポイント星占い 2月

■おひつじ座

油断大敵、ちょっとしたミスに気をつけたい時期です。不安がある事柄は、仲間のヘルプでクリアできそう。遠慮なくアテにしてみては?

■おうし座

前向きに考えてアプローチすることで成功に近づく運気です。出過ぎず、でも次への準備や投資を怠らないことがポイントに。

■ふたご座

前半はアイデアを生かして、後半は状況判断がポイントとなる時期です。周囲との温度差、速さにギャップが出ないよう注意を。

■かに座

対人面は多様なものの、頼りにされやすい時期です。お節介を焼き過ぎず、でも自立心を忘れず、見守る気持ちがポイントに。

■しし座

多忙さは増すものの、人間関係に幸運がある時期です。いろんな人に会い、話をすることで深い気づきやモチベーションが。

■ おとめ座

自分のペースを守り、心身の健康増進を心がけたい時期です。知恵や小さなアイデアを日々取り入れると吉。後半から楽しい運気に。

■てんびん座

義務的な用事や押さえておくべき事柄は存在するものの、心浮き立つような情報が入りやすい時期です。心から楽しむことも大切。

■ さそり座

居場所の整備にエネルギーを傾けると良い時期です。ファミリーサービスや自己投資をしておくと、あとで動きやすくなるはず。

■ いて座

あちこち出かけることで、欲しかった情報が入りやすい時期です。身近なところにお得な話があったりするのでアンテナを立てて◯。

■ やぎ座

次第に上昇する運気に合わせ、金運がフォーカスされる時期です。前半は思慮深く、後半からは思い切った決断をしていくと吉。

■ みずがめ座

前半は、積極的に賑やかさを楽しめそうな時期です。自分から友人を誘ったり新しい動きを取ると吉。後半は慌てず余裕を持って。

■ うお座

より良いものを目指す気持ちがアップしそうな時期です。でも即断即決は危険かも。周囲の声や状況を客観的に見て後悔なし。

 

 

関連記事

  1. 11月の運勢と星の動き

  2. 2月の星の動きと運勢

  3. 9月の星の動き〜9/2 うお座の満月〜精妙とダイナミック

  4. 8月の星の動き~太陽のちから

  5. 4月の星の動きと運勢

  6. 12月の星の動きと運勢

  7. 2020年の運気 鑑定@大阪 WS@Manila

  8. 6月の星の動きと運勢と大阪・和歌山での対面鑑定予約受付け