西洋占星術とは

西洋占星術とは

西洋占星術とは?

 
西洋占星術は学問としての体系が確立されており、きちんと習得すれば他の人と答えが全く違うというような事はまずない。そして、なぜ答えがそうなのかという理屈も説明できる。
 
M81_Galaxy
 
 
また新たに天体が発見されれば、私たちの進化とともに、占星術も進化していくという、「生き物」でもある。
 
地球上に生まれ出た瞬間の星たちの位置からホロスコープを作ると、さまざまなことがわかる。星は、船での航海 の道標としてだけではなく、人生の旅にもメッセージを与えてくれるのだ。
 
占星術とは
星の言葉を聞き、宇宙の法則や生きる意味を知るための学問
である。
 
英語名はアストロロジー・ASTROLOGYという。原語は 古代ギリシャ語のアストロロギア(Astrologia)で、星の学問という意味がある。ちなみに天文学は、ASTRONOMY(英)である。
 

天と地の照応 西洋占星術の哲学

占星術の根底にある思想とは、「天と地の照応
地上に起こることは天でも起こり、またその逆 もしかり、ということだ。
大宇宙(マクロコスモス)と人間などの小宇宙(ミクロコスモス)の同化という思想は、ギリシャ・ローマ時代の哲学者らの著書が有名(*1)だが、今日の占星術の精神としても重要な思想である。
 

 
ギリシャ神話やインド神話などの世界の古代文明における神話も、宇宙の創生を叙述する 宇宙論が起源になっているほか、ピラミッドストーンヘンジなどの古代遺跡の多くが天体を意識した造形物となっている。
 
(*1)ヘルメス文書、プラトン「ティマイオス」など
ヘルメス文書は、ひとつひとつの文章が非常に奥深い哲学に裏打ちされたもので、エッセンスたっぷり。神秘学の源泉と言っても過言でもないと思う。忙しい日常の中で読めるものではないかもしれないが、どっぷりとシンプルな宇宙の叡智に浸かっている時間は至極の時間でもある。
 
 
 



LinkedIn にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

サブコンテンツ
ホームページ登録 Paseon

このページの先頭へ