冥王星 太陽系の枠を突破する人類

冥王星 太陽系の枠を突破する人類

ニュー・ホライズンズ無人探査機が冥王星に到達

太陽系の一番端っこで、小さいながらも大きな役目を持つ冥王星は
クライド・トンボー(ローウェル天文台)によって1930年に発見された。

その前に、パーシバル・ローウェルは天王星・海王星の軌道の重力から計算される冥王星の位置を弾き出していたが、当時の技術と小さい星のため特定には至っていなかった。

 

 

Pluto_animiert

 

冥王星のシンボルを「♇」と書くが、占星学・天文学では
パーシバル・ローウェルのPとLを合わせたものとしている。

プルトニウム(Plutonium)の言葉との一致も偶然ではないだろう。
1930年代、核と原子力関連は飛躍的な発展を遂げる。
天王星・海王星が発見された時も、関連したレボリューションがもたらされた。

占星学的には(占星学は天文学よりも古い)非常に重大な意味を持つ冥王星。
名前のイメージどおり、あの世との扉を守る王。
英語ではPlutoでローマ神話で冥府の王の名。ギリシャ神話のハデスに対応する。
こちらの世界とあの世を守る扉、オール・オア・ナッシングのキーワードもある。
核のプルトニウム的な、人間の手には負えない極度なエネルギーを意味し、
ニュー・ホライズンズが搭載している電力が、(原子力電池240w)というのも面白い。

アメリカのケネディ宇宙センター横からニュー・ホライズンズが打ち上げられた2006年当時は、惑星とされていた冥王星。

その後天文学会的には、小さいからという理由で惑星から外され現在は準惑星。

 

NewHorizons

 

探査機打ち上げ後、月には9時間で到達した後、火星・木星・土星・天王星・海王星と、休憩しながらなんとか冥王星の近くまできた。

2015年7月14日 11時47分に再接近の予定で、ミッションが終わったあとは、

エイリアン(宇宙人のことは、スタービーイングと言いたいがwiki的にはエイリアン)へのメッセージを発する予定。– wiki

冥王星の衛星 カロン

カロンはギリシャ神話では渡し守(三途の川・冥界へと川を渡す役)である。

ニュー・ホライズンズは、カロンの極についても驚く発見をしている。
NASAでは、信じられない予想外のものとして、ポールが暗く映っていると興奮。
今後の解明が待たれるが、
冥王星は死と再生をも意味する。
核と命のコントロールは、そう遠くない未来に可能となるかもしれない。

スタービーイングからの返事や、冥王星を取り巻く衛星の動き、

そしてカイパーベルト、その外への発展が楽しみだ。

 

 

 

 

 



LinkedIn にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

サブコンテンツ
ホームページ登録 Paseon

このページの先頭へ