ラッキーカラーダイアリー 2017

ラッキーカラーダイアリー 2017メソポタミア地方のカレドニア人たちが、星の運行を数え記したものから、カレンダーという名前になったと聞きますが、占星術とカレンダーは、紀元前から深いつながりがあってとても重要なもの。

カレンダーやスケジュール帳、占星術を勉強し始めた頃から好きでいろんなものを使っています。

当時は星のデータが書かれているものが、アメリカやイギリスからの輸入ものしかなく、時差計算は面倒でしたが、星の動きとともに生活することが嬉しくて愛用していたものです。

15年〜20年前は、ホームページ内に日本時間の「アストロカレンダー」のプログラムを作成して星の運行やメモなど作っていたこともありました。

 

iPhoneを持つようになってiOSの「カレンダー」を使ってもいますが、やはり「手帳」に「書き込む」のも捨てがたいですね。

 

2016年になる少し前に、お世話になっている著者より、九星のダイアリーをいただきました。

 

九星占星術は私の専門ではありませんが、方位は占星術でも重要なテーマです。

このスケジュール帳には、「年盤」「月盤」「日盤」があり、ラッキー方位とカラーがそれぞれ見やすく掲載されています。

九星を知らなくても、簡単にわかるようになっています。

そして見開き2ページにひと月ぶんの運気・方位・星データ、
次の見開き2ページに「予定」と、
次の見開き2ページには同じカレンダーだけど
「夢予定」を書くことができます。

ひとつの月で、
「時空間の力」

「地上の現実の力」

「自分の描く夢という世界」

この3つの多重構造スケジュールで、
次元上昇が加速するでしょう。

「方位取りに適した神社」も日本地図上に描かれ、私の好きなページのひとつ。世界地図もあります。

 

2017年版のラッキーカラーダイアリーに掲載されている「方位取りに適した神社」は下記です。タイミングよく訪れる機会があればいいですね。

 

・北海道から南へ

 

利尻山神社

京極八幡神社

帯廣神社

岩木山神社

盛岡八幡宮

出羽三山神社

金華山黄金山神社

田手宇賀神社

日光二荒山神社

大洗磯前神社

鹿島神宮

猿田神社

遠見岬神社

安房神社

走水神社

夫婦木神社

穂高神社

氣比神宮

貴船神社

磯良神社

狭井神社

椿大神社

出雲大社

玉祖神社

宗像大社

諏訪大社

阿蘇神社

霧島神宮

青島神社

艮神社

 

 



LinkedIn にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

サブコンテンツ
ホームページ登録 Paseon

このページの先頭へ