タロットカード 意味を読み解く

タロットカード 意味を読み解く最近、個人レッスンしている方から再び気付かされたことがあります。

もともと私は、1枚1枚のカードの意味をキーワードを暗記するようにとは教えていません。

補助的なキーワードや色や数字や構図や、アストロロジーとの対応などは説明するけれど、それよりもキーワードに縛られず、カードのビジュアルの中に入っていって、その世界で遊んだり体験してください、と言っています。

秘密結社のイニシエーション的な学習法と言われますが、占いも「アート」です。頭で、机の上だけで覚えるものではなく、実際に体験することで会得していくものという解釈からです。

彼女はこれまで占いを勉強したことがなく、まだ2回しかレッスンしていなくても、3回めのレッスンまでに実際に難しい占いを当てていることに驚かされました。

これまでの生き方や価値観など、カードの言わんとしていることを柔軟にキャッチできる下地があるのだろうと思います。

ヨガや瞑想、武術やアートなどをやっている人は、見えない世界に集中することに慣れているので、容易に目指す世界のことを読み取れるでしょう。

どんな夢を見やすいか?夢の中で自分がどんな言動をし、その夢の中の自分を見ているもうひとりの自分の顕在意識はどう考えているのか?

いろんなペルソナに形を変えているビジネスや喩え話や教えやイベントも、ひとつの原因となるソースがわかれば、毎回踊らされることもなく、情報の真意が読み取れるでしょう。

世界は広いようで狭い、歴史は繰り返される、でも想念の世界は自分がイメージできるだけ広げることができ、新しい歴史に塗りかえて新たな人生を創作できる。

タロットカードは、ビジュアルの助けを得て潜在意識の見えざる力を引き出してくれる。

彼女の、自由でまっすぐ、そして遊び心満載なリーディング。 日本ではあまりしない「ギャンブル」の勝敗についての占い。 大アルカナを使って、このカードが出たからこう判断したと言い、引き分けまで当てていた! そのカードを、そう読むか〜!なるほど!

20年以上占い師をしていても、まだまだ新しい発見が尽きないからおもしろい。 お客さんや生徒さんに教えてもらうことも多く、ありがたいことです。

tarotto-fool1

タロットカード 大アルカナ フール(愚者)

 

 

 

 



LinkedIn にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

サブコンテンツ
ホームページ登録 Paseon

このページの先頭へ